このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

カレンダー

2
3
5
6
7
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
開館日
休館日
イベント

アピオス30歳記念事業

メインイベント「オーケストラと歌って30歳を祝おう!!」開催の様子の写真

メインイベント「オーケストラと歌って30歳を祝おう!!」

 

アピオス・みの~れコラボプロジェクト「キャンペーン楽隊」の集合写真

アピオス・みの~れコラボプロジェクト「キャンペーン楽隊」

 

オーケストラと歌って30歳を祝おう!!PR(キックオフ・パーティにて)

 

キャンペーン楽隊演奏(スター☆なりきり歌謡ショーにて)

 

What’s 30歳記念事業?

平成24年11月1日に迎えるアピオス30歳の誕生日を記念し、

さまざまなプロジェクトを通じて、

アピオスに愛情を注ぐ人たちの輪を拡大していくプロジェクト。

プロジェクト1.オーケストラと歌って30歳を祝おう!! 【第九部門】

プロジェクト2.キャンペーンを繰り広げて参加の人の輪を広げていこう!! 【キャンペーン部門】

プロジェクト3.いろんな人に取材してオリジナル記念誌をつくろう!! 【記念誌部門】

プロジェクト4.30歳の誕生日にふさわしい飾り付けと展示を企画しよう!! 【展示部門】

平成24年11月1日、アピオス30歳!

昭和57年。

全国的な文化ホール建設ラッシュの真っ只中、

アピオスは産声をあげました。

以来、著名な芸能人を中心に数多く招聘し、

地域のみなさんが鑑賞する機会を提供してきました。

 

時は流れ…

文化ホールの役割が変化してきました。

地域のみなさんにもっともっと親しまれ、

愛される存在になるために、

「アピオス」という愛称をつけてもらったり、

地域のみなさん自ら企画し、舞台に立ち、裏方として支え、

アピオスに元気を注ぎ込むようになりました。

こうした活動を通して、アピオスに愛情を込める人たちがたくさん出てきました。

 

「子育ては親育て。文化ホール育ては地域育て」とは、

能祖将夫さん(みの~れ・アピオス前芸術監督)の言葉。

地域のみなさんにアピオスの育ての親になってもらって、

このまちを元気にしていきたい。

30歳のお祝いを通して、より多くのみなさんに育ての親になってもらいたい。

 

この企画は、アピオスの育ての親となった住民と館職員による

知恵と汗を結集したプロジェクトです。

 


掲載日 平成29年3月14日 更新日 平成29年3月29日