このページの本文へ移動
トップアピオスってアピオススタッフ> 山形健樹  舞台技術管理マネージャー

山形健樹  舞台技術管理マネージャー

舞台技術管理マネージャー  山形健樹さんの写真

アピオス歴

  5年目。

プロフィール

中学高校と、文化芸術とは一切関係ない体育会系部活で

血と汗と涙の戦いを繰り広げる。

卒業後、戦いの日々の喪失感から生き方に迷い、

放浪生活(すねっかじり…)をおくる…

数年後、TVの深夜に放送していた

第三舞台の公演を見たことがきっかけとなり、

小学校の学芸会で演じた物乞い役の面白さを思い出す。

「そう!自分はこれがしたかったんだ~

  見つかった~俺の道が…」

と、言ったか言わないか。

 

数年後…専門学校を卒業し、

水戸の怪しい総合代理店(何でも屋)株式会社ジャストに就職。

社会人としての戦いの日々をスタートさせる。

 

平成10年に放送された大河ドラマ「徳川慶喜」を契機に

千波湖畔・千波公園ふれあい広場に設置された徳川慶喜展示館の

運営スタッフとして約18ヶ月携わり、

県内外(130万人以上)のお客様や市民ボランティアの人達とふれあい、

おもてなし(サービス)の心や笑顔の大切さを学ぶ。

平成13年~18年まで常陸大宮市(旧大宮町)文化センターロゼホールに

技術員として常駐、地域のコミュニティーと関わり様々な文化の形を経験する。

現在、アピオス舞台管理マネージャーとして奮闘中。

落ち込んだ時はお腹いっぱい笑う事を心がけています。

本当にお腹を一杯にする事も大事です(笑)


掲載日 平成29年3月14日 更新日 平成29年3月29日