小美玉市
文字サイズ拡大標準
トップページ > 小川文化センター活性化プロジェクト > アピオス小劇場 > vol.04 演劇集団スリーサイズ「召喚オビデと恋した娘」

vol.04 演劇集団スリーサイズ「召喚オビデと恋した娘」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある漫画家とアシスタントとのシチュエーションコメディ。

本当は純愛ものの少女マンガを描きたいと思っている漫画家は、

不本意ながらオカルト系のヒット作「召喚オビデ」を連載している。

新作をたきつけるアシスタント、

不条理な恋におぼれるアシスタント、

行きがけのピザ屋や野良猫もアシスタント、

果てはオビデを召喚してしまうアシスタントまでいて、現場は大混乱へ…

 

 

日時:平成23年1月22日(土)18:00(小美玉市民割引有り)

             23日(日)14:00

 

場所:小川文化センター(アピオス)

 

料金:一般1500円・学生1000円

※22日(土)の公演のみ小美玉市民の方は割引となり、一般700円・学生500円で鑑賞できます。

 

 

<プレイベント第1弾>

と き:平成22年8月21日(土)14:00~
ところ:アピオス会議室1(2F)
内容①第11回公演 「あおいなつのにおい」から群読劇「青い夏」を上演
内容②今までの歴史や活動など、劇団の紹介
内容③「召喚オビデと恋した娘」の紹介

 

<プレイベント第2弾>

とき:平成22年11月28日(日)14:00~
ところ:アピオス会議室2(1F)
内容①『召喚オビデと恋した娘』ショートストーリーを上演!
内容②オビデの世界を体験?!参加型ワークショップを開催♪
内容③キャスト、団員によるアフタートーク☆オビデや劇団の裏話を…☆

 

<本公演【1月22日(土)】>

<本公演【1月23日(土)】>

主に小美玉市・水戸市を拠点に活動している劇団。
「演劇集団スリーサイズ」は、学生時代に主に作・演出として活動した前島宏一郎氏が、
オリジナル作品を上演する劇団として1999年に創設した。
劇団のコンセプトは「出すべきとこは出す!引っ込むべきとこは引っ込ます!」。
徹底した作りこみの世界観をベースとする物語でメリハリのある舞台を展開するのが基本姿勢。
公演毎に全く違ったスタイルの台本にて、
濃くて熱い笑いと圧倒的に深い心情表現によるシリアスを折り込んだ作品を生み出している。
売り文句「名前はいかがわしいが中身はマジメな芝居をする劇団」が定着し、
活動の幅をさらに広げている。
2009年に創設10周年を迎えた。