小美玉市
文字サイズ拡大標準
トップページ > 小川文化センター活性化プロジェクト > アピオス小劇場 > vol.06 ダンゴでタンゴ ~A.R.C.タンゴコンサート~

vol.06 ダンゴでタンゴ ~A.R.C.タンゴコンサート~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

NHK朝ドラ「てっぱん」の音楽を担当していた啼鵬(ていほう)さんが、

ギターの角圭司さん、声楽の山下亮江さんとタンゴトリオを結成!

 

グループ名「A.R.C.(ア・エレ・セ)」は、3人が住んでいる茨城県の

◆県鳥「ひばり(Alondra)」

◆県花「バラ(Rosa)」

◆県木「梅(Ciruela)」

のスペイン語、頭文字からとっています。

 

茨城で生まれたタンゴ・ユニット「A.R.C.(ア・エレ・セ)」が、

情熱と哀愁のタンゴの数々を、古典の名曲から新しいピアソラまで、

皆様にお届け致します。

 

また…

「タンゴ」にひっかけて、「団子」をご用意致します!

 

お団子×タンゴ=合うかどうかはおたのしみ♪

 

 

◆公演日時:2011年6月26日(日)  開場14:30 / 開演15:00

◆場所:小川文化センター(アピオス)小ホール特設会場

◆入場料:一般:1,000円  高校生以下:500円 1ドリンク(お茶)&だんご付き 【全席自由】  

                      ※特設会場(小劇場)につき70席限定販売

年齢制限:未就学児入場不可

発売日:2011年5月14日(土) 10:00~

        【電話予約】小川文化センターアピオス 0299-58-0921

        【インターネット予約】おみたまオンラインチケット

       ※2011.6. 1 チケットは完売いたしました。ありがとうございました。

主催:小美玉市 / 小川文化センター活性化委員会

ボランティア協力:アピオスぱるず

 

<A.R.C.(ア・エレ・セ)プロフィール>

A.R.C.(ア・エレ・セ)

 

2010年Bandoneon奏者啼鵬の呼びかけによって結成されたタンゴ・トリオ。Vocalの山下亮江、Guitarの角圭司から成る。奇しくも2010年はアルゼンチン建国200年という記念すべき年。グループ名「A.R.C.(ア・エレ・セ)」は、3人が住んでいる茨城県の県鳥「ひばり(Alondra)」、県花「バラ(Rosa)」、県木「梅(Ciruela)」のスペイン語、頭文字からとっている。Vocalの山下はクラシック出身ながら、ジャズ、ボサ・ノヴァも歌うオールラウンダー。打楽器もこなし、特にミロンガでは軽快なリズム・ワークを聞かせる。また啼鵬の手による編曲は、声=歌という事にとらわれず、旋律楽器としての「声」の可能性を引き出し、インストルメンタルの曲もレパートリーに加えている。Guitarの角はアメリカでの留学経験で、多民族国家ならではの交流から培った、柔軟な感性から紡ぎ出されるビートで、ユニットを支える。アルゼンチンでは楽団専属歌手は当たり前だが、Vocalをレギュラー・メンバーに加えている数少ないタンゴ・ユニットである。

 

撮影協力:金子政巳